為替 見通し

為替の見通しがつかない時

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などさまざまな為替の見通しの方法があるといわれています。分析法を駆使すれば誰でも簡単に値動きの見通しが立てられるかというと、そんなことはありません。まったく分析結果から予想した見通しと反対の値動きをされたり、思ったより大きな差益や差損が出て判断ミスをすることもあります。特に初心者は、分析の方法はわかっても見通しがつくとは限りません。見通しが十分につかない状況で為替取引を行い、差益を得たいという時はどうすればいいでしょう。為替の見通しがつかない人でも、スワップ金利を期待して長期的に通貨を保有し続けることはできます。差益はそれほどありませんが儲けを得る可能性があるは、チャートで過去10年の値動きを確認し、長期に相対的に安い水準にある通貨を保持するというものです。見通しがつかない為替の値動きにいつまでもつきあっていると、欲張りすぎて逆に損をしてしまうこともあります。

変動為替相場制とは

世界の為替相場制度は現在は変動相場制が使われています。変動相場制とは、外貨を需要と供給に応じて決定させる為替相場のことです。取引を外国為替市場でするという表現を使用します。実際に外国為替市場という場所があるわけでなく、外国為替を取引する場所全てを指しています。為替相場が基本的に固定化されている状態を固定相場制と、変動相場制に対して呼んでいます。かつては日本円は固定相場制の対象となっており当時は1ドルが360円でした。中央銀行の市場介入によって為替相場の操作を行うことも今の変動相場制ではあるので、きっちりとした変動相場制とは言えない部分もあるようです。変動相場制によって国家間の通貨のバランスが調整されるため、外貨準備の過不足問題や、国内外の均衡を保てる効果があります。高い投機のリスクがある変動相場制は、為替投機を抑制するのに有効だといわれています。反面、変動為替相場制にすることで国際間の取引を行っている企業のリスクが拡大するというデメリットがあります。長期の国債投資を為替投機の危険性が高いため、妨げます。変動為替相場制は今、いろいろな問題がおこっているようで、それぞれの国の貿易収支不均衡などがあるといいます。何度も崩れかけていますが各国の協調介入などで対応し、何とか変動為替相場制を支えてるという状態です。

 

サイトマップ